新型コロナ対策の状況について

​東南アジア各国の状況は下記に記載。各国コーディネーターからの情報を掲載しています。(3月28日追記)

シンガポール はSARSの際の経験を活かして的確な対応を政府主導で行っています。

医療機関も充実しているため、街では普通に生活が営まれています。

 各ビルでは入り口に熱を測るためのスタッフがいますが、それ以外はショッピングも観光も通常です。

 人が集まる場所などは場所によって中止にもなっていますが、野外コンサートなどは通常に行われています。

 

 撮影に関しては、多くの中国人観光客がいないため、街の多くの場所がのんびりとした雰囲気で逆に撮影しやすいと言えます。

 撮影許可も申請をすれば多くの場所で許可が下りる状態ですが日本からの渡航は2週間ホテル待機になってしまいますので、実質撮影は現地の日本人クルーが行います。

弊社では海外渡航ができない制作会社の方々のために、代理で撮影業務を行っています。

日本人カメラマン・ローカルカメラマンが直接現場に出向き、取材・インタビューなど行います。

詳しくはお問い合わせください。

 

 

東南アジア各国の状況

ベトナム(3月28日追記)

 ベトナムは、小中学校が休校になっていますが、街の雰囲気は通常とあまり変わりません。

 ほとんどのベトナム人はバイクに乗る際にマスクをするので、多くの人がマスクをしています。

撮影は現地の人間のみ可能になっています。

インドネシア(3月28日追記)

バリのお土産屋さんの様子

ジャカルタの街の様子

インドネシア ジャカルタは通常と変わりません。小中学校は休校。

モールもお客さんが多くいます。

バリは観光客が激減しています。お店は通常通り開いています。

撮影は現地の人間のみ可能になっています。

カンボジア・シェムリアップ (3月28日追記)

シェムリアップはコロナウイルスの関係で街は静かです。シェムリアップでは先日陽性で診断された日本人がいました。州全体の学校は休校しています。

撮影は現地の人間のみ可能になっています。

 セブ島では数人の日本人が日本への帰国ができず足止めされています。

 ​撮影は現地の人間のみ可能になっています。

フィリピン・セブ島 (3月28日追記)

そのほかの国の情報は近日中にアップデートさせていただきます。

簡易問い合わせ

FUTURE STAGE

MAKE ALL BRILLIANT

18 SIN MIN LANE, 07-29

MIDVIEW CITY,

SINGAPORE 573960

SG Tel: +65 6570 5394

JP Tel: 050 5539 8529

© 2020 FUTURE STAGE PTE LTD

 IP Call

 050 5539 8529