CSR 社会貢献活動の報告3

更新日:6月13日

弊社で定期的に行なっている社会貢献活動の報告です。今回は比較的中心部に近いトアパヨ地域にある貧困・高齢者が住む公団住宅にて、無料の夕食を配るお手伝いをしてきました。


きれいな建物の公団住宅です。

12階建てのこの建物に住む全ての方々に食事を配ります。


配る食事は、パンダンという植物で炊いたご飯とチキンです。



一軒一軒ドアをたたき、出てくるのを待ちます。多くの場合、寝たきりだったり、足の具合が悪いので、ドアを開けてくれるまで2、3分待ちます。


身寄りのない老人の方がとても多く、政府の援助とボランティアのサポートで生活しています。ほとんどの方が孤独な中生活をしているので、話しかけるととても喜んで話をしてくれます。我々日本人スタッフは中国語がわからないので笑顔で答えることしかできませんが、

「加油、加油!」(がんばれがんばれ)と話しかけます。


本当に生活に困っている方には、アンパオ(お年玉)を渡します。これでおそらく1週間ぐらいは安心でしょうか。。?


彼の家では、相当昔のTOSHIBAの冷蔵庫が置いてありました。でもコンプレッサーが動いていない、、、

そこで、ボランティアグループとして新しい冷蔵庫をプレゼントすることになりました。


毎回この活動は大勢で行くことができないため、少人数で行います。

今回の活動はシンガポール人リーダーのギルバート氏、そして我々日本人、パキスタン人で行いました。